日本人の心に寄り添う歌|ダイビングを楽しむための鉄則とは|掟を厳守しよう

ダイビングを楽しむための鉄則とは|掟を厳守しよう

男性と女性

日本人の心に寄り添う歌

マイク

意外と新しいジャンル

歌曲のジャンルとして演歌という存在がはっきりと分立したのは意外と新しく、戦後の60年代半ばになってからです。自由民権運動が盛んだった明治時代に、政府批判を歌に託した演説歌の略称としても用いられていましたが、そのような社会風刺的な楽曲は現在で言うとフォークソングに近い存在でした。現在では演歌と歌謡曲が混同されることも多いのですが、これは50年代以前にはすべて流行歌としてくくられていた名残と言えます。50年代から60年代にかけては流行歌の中に浪曲や民謡をベースにした、より日本人の情緒や感情を強調した楽曲が出現しました。それが後の時代に歌謡曲から分化したので、どこまでが歌謡曲でどこからが演歌といった区別は簡単ではありません。歌手やレコード会社が自称すればそれが演歌という考えもあるくらいです。

日本ならではの楽曲

演歌は日本の心とも言うように、基本的にはヨナ抜き音階という日本古来の音階法を用いて作曲されます。また歌唱者は、特に女性は和服を着込んで歌うケースが多く、こぶしと呼ばれる独自の歌唱法を多用します。また歌詞に関しても北国を舞台に酒や涙という小道具が登場し、男女の別れなど切ない悲恋が描かれるなど、日本人の情緒を刺激するパターンが多用されます。長調より切なさや真剣さを強調する短調の曲が多く、湿っぽい世界観が多いのは演歌の特徴となっています。一方で演奏に用いられるのはギターやヴァイオリンが多く、ラテンミュージックがルーツのキハーダやヴィブラスラップがしばしば用いられるなど、歌唱ほど日本の伝統にこだわる姿勢はありません。その意味においては演歌は日本の伝統とは言えませんが、日本でしか生まれ得なかったジャンルであることは間違いありません。